洗車剤販売

グレックスモバイルカーウォッシュとは

水を使わずに洗車が行える弊社オリジナルの水無洗車用の専用クリーナー「グレックスモバイルカーウォッシュ」はマイクロファイバータオルと呼ばれる髪の毛の1/100の細さの繊維からなる非常に柔らかいタオルと併用することにより、水の使えない場所でも洗車を行う事が出来ます。
クリーナー配合の特殊ポリマーが、ボディに付着した汚れを浮かせ、浮かせた汚れを柔らかいマイクロファイバータオルで絡め取るので、水を使わずに汚れを除去し、ボディにツヤを与えます。また、ボディはもちろんの事、ホイルやクローム、プラスチック、車内の樹脂部分のクリーナーや水洗い時のカーシャンプーとしてもご使用いただけます。
繰り返し使用する事により汚れも付きにくくなり、また、水源を必要としない為、場所を選ばずにスピーディーに本格的な洗車が行えるので、自動車大国であるアメリカやオーストラリアでは、一般的な洗車方式として広く浸透しています。

オリジナルクリーナーの特徴

  • 水が使えない場所でも
    洗車が行えます!
  • キズがつきにくく、
    ボディにツヤを与えます!
  • スプレーして拭くだけ。
    作業がとってもスピーディー!
  • 全塗装色対応!
  • 塗装面、クロプラスチック、
    ホイール、樹脂
    使用可能!
  • コーディング車
    OK!
  • 繰り返し使用する事で
    汚れの付きにくい
    ボディに!

水無し洗車のメリット

水道費用の削減

1台当たり

15分間水道を使用

し、
50台分の洗車を行った場合

1分間 12L × 15分 = 180L

東京都の場合、180L約54円の水道費用が発生。

  • 54円 / 台

  • 50
    営業所での洗車台数例

  • 365

  • 985,500

水無し洗車

の場合

1台当たり約100ml(0.1L)の水のみ使用

東京都の場合、約0.03円の水道費用が発生。

  • 0.03円 / 台

  • 50
    営業所での洗車台数例

  • 365

  • 5,475

水無洗車で984,952円コスト削減!

洗車場所を選ばない

ホースの取り回しが複雑や場所や、水道の無い離れた駐車場内においても水源を必要としない為、停めたその場で洗車が可能。また、周囲も汚れません。

洗車時間を大幅に短縮

水洗い洗車と比較して、工程が大幅に短縮される為、より迅速な清掃業務の実施が可能。

冬場の洗車がよりラクに

水をほぼ使用しない為、冬場でも手を濡らさずに洗車が行えます。また、清潔感の求められるユニフォームの汚れも最小限に抑えます。

使用方法

  1. 希釈用製品の場合は、製品1:水9の割合で希釈をしてからご使用ください。また、必ずマイクロファイバータオルを使用し、洗車を行ってください。市販の蓄圧式の噴霧器や、ガーデンスプレーヤーをご使用頂きますと楽にスプレーが行えます。
  2. マイクロファイバータオルに、表面が若干湿る程度にスプレーをしてください。この際、マイクロファイバータオルは四つ折りにし、なるべく厚みのある状態にしてください。
  3. ボディの表面(60cm四方を目安)にスプレーをしてください。
  4. マイクロファイバータオルの湿らせた面で、スプレーをしたボディの表面を、優しく一方向に拭き取ってください。
  5. 拭き取ったボディの表面が乾ききる前に、マイクロファイバータオルの乾いた面でもう一度ボディを拭き取ってください。
  6. ボディの汚れが取れ、また、拭きムラが完全に無くなるまで、2~5を繰り返して下してください。ボディがツルツルに滑るような感触になったら、次のパーツに移ってください。
  7. ※ 窓は水拭きで仕上げ、万が一窓に洗剤が付着した場合は、濡れたタオル等で拭き取ってください。また、泥、砂、鳥のフン等、ボディの汚れがひどい場合は、キズの原因となりますので、水で十分に洗い流してから、濡れたボディに使用してください。

使用上の注意点

  1. 泥、砂、鳥のフン等、ボディの汚れがひどい場合は、キズの原因となりますので、水で十分に洗い流してから、濡れたボディに使用してください。
  2. 融雪剤等の薬品が車体に付着している場合は、薬品同士が混ざり合い、洗浄効果が発揮されない為、水で十分に洗い流してから、濡れたボディに使用してください。

購入方法について

グレックスモバイルカーウォッシュの販売につきましては、お問い合わせよりお問い合わせ下さい。